以前の派遣先で同い年で独身という同じ立場の女性と意気投合して仲良くなることができていました。
今でも彼女とはたまに連絡を取り合えるような関係を作っていて、たまには食事に出かけたりするような事もあります。
同い年で独身で派遣社員という共通項もあり、また性格的な部分でも相性が良かったこともあって仲よしになることができました。
そんな彼女から久しぶりに食事の誘いの通知がやってきたのです。
「久しぶりだよね?仕事忙しくしているの?」
「ほんとに久しぶりだねえ!仕事は毎度忙しくてしかたがないよ。
ユイはどうなの?」
「私は最近楽になったんだよね!
そんな話も食事をしながらしたいなって思ってるんだ」
仲良くなった派遣社員仲間のユイと土曜日にランチを食べに行く約束をして、久しぶりに気分転換ができるとウキウキした気持ちになってしまっていました。
リアルな友達たちは家庭を持って、何かと忙しいですから会う機会も少なくなってしまっています。
同じ独身という立場のユイだから、気兼ねなくお喋りもできますからストレス解消ができるって思って会うのを楽しみにしていました。
彼女も同じ立場の女性だから、仕事に追われて大変なんだろうなって思っていたんです。
もっとも派遣社員なんて誰も同じような環境なのかもしれませんけれど。
とにかく2人だけの女子会を開催して、大いに盛り上がろうという気持ちになっていました。
年齢も同じだし共に独身同士という事もあったし、既婚の友達たちよりも遥かに安心して接していく事ができる相手になっていました。

結婚をしている人だとやはり独身の女性の気持ちというのは分らなってしまうものです。
ですから、同じ立場の女性と話すと言うのは安堵感を覚えることができるのです。

 

お金持ちパパと高額契約したい方におすすめ
愛人サイトBEST5
女性は完全無料男性のみ有料